2017年3月4日 更新

振袖の着付けに必要な物リスト:足りないと高くつくかも

振袖の着付けに必要な持ち物をリストアップしてみました。 うっかり忘れると予想外の出費になってしまうことも…… せっかくのハレの日に、みなさんがそんなちょっと残念な目に合わないように、着付けに必要なものをこちらにまとめてみました。 必須のアイテムに加えてあるといいものもピックアップしてあります。

56 view お気に入り 0

着付けに必要なもの:基本

☆肌着・裾よけ
☆振袖用長襦袢
☆和装用ブラジャー(スポーツブラやブラトップでも可)
☆補正用タオル(薄手のフェイスタオルなど)
☆腰紐3〜6本:コーリンベルトや伊達締めの数で変わってきます。
☆襟カラー(長襦袢用)
☆帯枕
☆帯板
★コーリンベルト
☆伊達締め2本
★三重紐:変わり結びをする際にあると便利
☆帯締め
☆帯揚げ
☆帯
☆振袖
☆足袋
☆半襟

☆・・・必須
★・・・あるとなおよし
 (27581)

スタイル 青色 / 古典 / 車
深い青色がきれいな御所車と車輪の大きな柄がインパクト大の振袖。
あえて淡い色の帯や小物で合わせるとぐっと高級感が漂います。

まずは下着類から〜いつものブラジャーはとりましょう!

和装は体にオウトツがないほうが美しく着られます

和装は体にオウトツがないほうが美しく着られます

スタイル 黄色 / 古典 / 車
商品説明 古典の御所車の柄にとてもモダンな地色
振袖の美しい着姿は、下着選びから始まります。
私たちは普段、ブラジャーや補正下着などで体のオウトツを目立たせる(=グラマラスな)ことが女性らしくて美しいという風な価値観を持っているかと思います。
でも、和装の場合は逆です。
きっちり閉まった胸元、体に添いすぎない腰から足元までの合わせ部分。
帯もウエストが強調されては着物にシワが寄ってしまいます。
そのためには和装用の下着を用意することが必要です。
着物ブラか少し苦しいですがさらしを巻くのがベストですが、用意がなければスポーツブラなど胸をおさえるものでも良いかと思います。
美しい着姿は土台から

美しい着姿は土台から

スタイル 赤色 / 古典 / 車
モデル 武井咲
2018年・2019年成人式対象】慎ましい艶やかな赤地に御所車と花々が織りなす上品な色柄

白襟OR重ね襟で華やかに?重ね襟の有無で印象が変わります。

こちらは通常の白の半襟

こちらは通常の白の半襟

via https://myfurisode.com/store/detail/id/1565/p/costume/item_id/3356
スタイル 白色 / 派手カワ / その他
白地の振袖に白の半襟を合わせることで清潔感のある装いになっています。
赤のお花柄の重ね衿で襟元に華やかさをプラス

赤のお花柄の重ね衿で襟元に華やかさをプラス

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

夕顔 夕顔