2016年10月27日 更新

七五三の着物の種類【正絹】と【ポリエステル】の違い!

七五三は子供の成長を祝うお祝いの中でも大きな行事ですね。着物を着て写真を撮る方も多いのではないでしょうか。七五三の着物はカタログなどを見ても種類が多く迷ってしまいますね。デザインだけではなく着物の素材にも正絹やポリエステルと種類があります。

853 view お気に入り 0
【楽天市場】【正絹】七五三 着物 3歳 女児 着物セット レンタル【三歳 女の子 被布セット/被布コート 赤/貸衣装/貸衣裳/着物 レンタル/祝着 着物セット/3歳 七五三 着物】白 適応身長91cm前後 773064【smtb-k】【ky】【RCP】:京都スタイル (5109)

『正絹(しょうけん)きもの』とは
着物には、『格』があります。七五三着物で、最高級品は正絹(しょうけん)です。
着物を表地が絹100%のものを正絹(しょうけん)と呼びます。
正絹は『肌触り』『優雅な光沢』『しなやかな風合い』など、なんともいえません。また、体になじむので、写真での質感もしっとりと高級感があります。
現物を見て触れてみるとその違いを実感されます。こだわり職人が、絵付け、染め上げなど、大量生産では出来ない技法で作り上げています。

高そうなイメージだけど、正絹ってどんなの?

「絹」というだけで高そうなのに「正絹」なんて聞いたらすごく高そうですよね。ですが、正絹というのは絹100%という意味で「特別な絹」という意味ではないのです。
化繊でできたものを「人絹」と言ったりするので間違えないように「正絹」になっているのかもしれません。
するすると滑らかな肌触りです。
ポリエステルに間違い易いですが、違いは重みと肌への馴染みやすさ。
絹の方が重く、しっとりとしていて肌にも沿いやすいです。
汗をかいた時にもベタっと張り付きにくい感じがします。
七五三 7歳のお祝い用四つ身 正絹振袖衣装 | 写真撮影なら市川・浦安・船橋の写真館スタジオシータ (5146)

正絹の1番の良さは手触りです。なめらかでごわつかず、初めて着るお子さんでも抵抗なく着られると思います。
洋の東西を問わず、昔から特別な日には絹の衣装を着る習わしがあります。
七五三は子供たちの成長を祝う特別な日。そして、子供たちが着物を体験する貴重な機会です。
 (5154)

ポリエステルでも見た目ではほとんど違いがありませんが、触り比べてみると違いがわかります。
普段着物を着ることのない子どもは絹を触る機会もあまりないと思います。正絹の着物を着ることは日本の文化に触れるいい機会かもしれませんね。

正絹とポリエステル、どっちを選べばいいの?

写真を撮って見るだけであれば、正絹でもポリエステルでも大きな違いはないと思います。
それだけにますます悩みますよね。
一番重要なのは、子供が好きな着物を着せてあげること。好きな柄はもちろんのこと、子供には長時間着ることになるので着心地も試して選ぶのが良いでしょう。
私自身着付けを習い、自分も正装をするため、子供の着物の質を考慮した。
7歳位になると、個々の好みが出てくること。(姉妹で別の色を希望することがある)
七五三以外に着ないこと(お正月等は従姉妹が集まり、遊びにくいため着物は着たがらない)
以上を考え、高い正絹着物を購入しても、少しもったいないかもと思い、質の良いレンタルで済ませました。
後悔しないためには、周囲の声に振り回されずに親の好みや子どもの好みで決めるのが大切ではないでしょうか。お子さんが気に入って着てくれるのが何よりです。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

rinco rinco