2016年10月24日 更新

【着物の防寒具】大人かわいいショール大集合♡【フワフワ】

着物は袖口が大きく開いているので、秋や冬は案外寒いもの。これからの時期、防寒具として活躍してくれるのがショールです♪成人式の白いフェザーショールはすっかり定番となりましたよね!でも定番じゃつまらない…そんな方こそチェックしてみて欲しい、大人かわいいショールコレクションです♡

916 view お気に入り 0

白いショールがマナー?

 (3311)

白い羽毛のショールは成人式での振袖にはお決まりのようになっていますが、白いショールを羽織ることがマナーと言うことはありません。

マナーと言うことになると、振袖や訪問着・留袖は羽織等の上着を付けず、帯付きが礼装のマナーになります。
しかし、成人式は寒い時期ですので、防寒用にショールを付けているだけの事です。
また、このショールは成人式以外では使うことはないと思います。

この羽毛のショールは見かけほど、温かいものではありません、ないよりはましでしょうがウールやカシミヤの大判ストールの方が数倍温かいと思いますし、品も良くお洒落だと思います。
成人式ではほぼ全員が白いフワフワを羽織っているので、
それがマナーと思うほどですが、もちろんそんなことはありません!
着物の柄が隠れてしまうのが残念と感じるのであれば、
省いても構わないでしょう。
防寒の意味でなら、和装用の大判ショールの方がオススメ!
上手に選べば、普段の洋装にも使えます♡

知っておきたいショールのマナー

 (3312)

西洋では、コートは着たまま室内に入ります。
これは、「長居はしません。」という意思表示なのだそうです。

日本では、室内に入る時に靴を脱ぐ習慣があって、それは室内に汚れを持ちこまない事を意味するのです。

コートは塵よけの代わりとして着用されること、マフラーや手袋、帽子などホコリも持ち込まないようにとの心遣いです。

【ご挨拶に伺う時やお呼ばれした時のマナー】 

防寒、塵よけになる物は、お邪魔する場所の少し手前で脱ぎます。

コートやショールは片手にかけてから、チャイムを鳴らします。
お邪魔する先の玄関に入ってから取るのではなく、
門の前、あるいは玄関のドアの前で取るのが日本の作法です。
せっかく綺麗な着物を着ていても、正しいマナーを知らないと恥ずかしいですよ…。

着物に最適♡おしゃれなショールコレクション♪♪

 (3313)

定番の白いショールでも、これなら目立つこと間違いなし!
大きくリボン結びができるので、とてもキュートです♡
ピンクや水色などのパステルカラーの着物に合わせたい♪
豪華なレッキスラビットファーのショールです。レッキスラビットファーは、肌触りが柔らかくふわふわモコモコの手触り。まるでチンチラのような風合いが特徴の毛皮です。ボリュームあるゴージャスなファーショールなので、華やかな成人式の振袖にも最適です。
 (3315)

毛足が長く、グラデーションが華やか!
シックな着物にも、明るい色使いの振袖にも似合います。
温かさも抜群♡
上から赤紫・ワインレッド・ピンク・白へグラデーションする美しくエレガントな印象のショール。ふわっふわな素材で感触に思わずうっとり。繊細な素材なので大切に扱ってあげてください♪晴れやかな成人式等にぜひどうぞ!
 (3319)

でもやっぱり白いフワフワに憧れる!それならこちらはいかが?
バラのモチーフになっているので、とっても華やかで可憐♡
普段の装いにも使えるのでお得です☆
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

桔梗ちゃん 桔梗ちゃん