2017年3月10日 更新

お呼ばれ結婚式には着物で♪ 気をつけるべきマナー集

結婚式へのご招待、和装で出席するのは素敵なこと♪ 華やかに装うためのお着物も幾つか種類がありますが、格の上下があり、 「既婚か未婚か」「新郎新婦の親族かどうか」など自分の立場によって着る服装を変えるのが和装のマナー! そんな気をつけるべきポイントを紹介していきます。

3,820 view お気に入り 0

結婚式ゲストとしての服装、適した着物と適さない着物があります!

結婚式にゲストとして招かれ、和装で出席する際の着物選びは、「既婚か未婚か」「新郎新婦の親族かどうか」という点を基準にして決めなければなりません。
それを踏まえ、結婚式ゲストが着るのに適した着物・適さない着物は下記のように分類されます。

◎結婚式ゲストが着るのに適した着物
・振袖…未婚の女性が着るもの
・黒留袖…既婚女性のうち、新郎新婦の近親者が着るもの
・色留袖…既婚女性のち、新郎新婦の近親者以外の方が着るもの
・訪問着、付け下げ、色無地…既婚or未婚は不問

×結婚式ゲストが着るのに適さない着物
・小紋、紬…普段のおしゃれ着であって、フォーマルの場にはふさわしくない

これらを混同しないで、きちんと自分の立場に合った選び方をしなければならないんですね!
ここで挙げた着物の種類、詳細を次に紹介していきます。

第一礼装で祝いの場へ出席する場合。既婚か未婚かで着物は異なる!

未婚女性の第一礼装は、振袖

振袖(ふりそで)とは (29455)

新郎新婦の親族にあたる方、あるいは友人にあたる方、どちらでも問わず着られる未婚女性の第一礼装です。

振袖の中でも袖の長いものから順に、大振袖・中振袖・小振袖とあり、袖の長さによって格の高さが分かれますが、ゲストとして着られるものは中振袖と小振袖です。
大振袖は、式の主役である花嫁さんが着るものなんですね。
▼概要
華麗で袖の長い振袖は、未婚女性の第一礼装です。紋がなくても第一礼装となります。

振袖には袖丈の長さにより、大振袖(本振袖)、中振袖、小振袖があり、袖丈が長いほど格調が高いとされています。
現代、一般的にいわれている振袖とは、中振袖を指します。成人式で主に女性が着ている振袖は中振袖です。

振袖のはじまりは室町時代の小袖といわれ、江戸時代になると袖丈が徐々に長くなって、豪華絢爛なふりそでが誕生しました。


▼TPO
大振袖     ・・・ 花嫁衣裳、お色直し
中振袖、小振袖 ・・・ 成人式、祝賀会、披露宴、結納、初釜、パーティーほか


▼このきものは振袖? 他のきものとの違いは?
柄が、衿・肩・胸・袖の縫い目を渡って模様が続き、下部も、衽(おくみ)・脇・背の中心を模様が連続するように配置されていて、広げると一幅の絵になるような華やかな総模様(絵羽模様)になっています。
他のきものと比べて袖が長いです。振袖以外のきものは大体49センチくらいです。対して、大振袖の袖の長さは114~125センチ、中振袖の袖の長さが91~106センチ、小振袖の袖の長さが75~87センチくらいとなります。

既婚女性の最も格の高い礼装は、留袖

留袖(とめそで)とは (29456)

こちらの画像は「黒留袖」。
新郎新婦の親族にあたる、既婚女性の方が着るものです。親族ではない方が着るものではありません。
留袖(とめそで)とは (29457)

こちらの画像は「色留袖」。
新郎新婦の友人として招かれた場合は、こちらが適しています。
▼概要
留袖(とめそで)とは既婚女性の着用するきものの中では、最も格の高いきものです。留袖という名称は、未婚女性の第一礼装である振袖(ふりそで)の「袖を詰めた」きものという意味からきています。
その名のとおり、全体を黒で染めたものを黒留袖、色で染めたものを色留袖といいます。

黒留袖は既婚者のみしか着用できません。また、留袖はきものの中でもっとも格が高い「正礼装」にあたりますので、黒留袖には必ず染め抜きの日向紋5つ(五ツ紋)を入れます。

色留袖は既婚者のみならず未婚者でも着用が可能です。紋の数により格が変わります。


▼TPO
黒留袖(五ツ紋)     ・・・ 親族の結婚式
色留袖(五ツ紋)     ・・・ 黒留袖と同格。宮中行事。
色留袖(三ツ紋、一ツ紋) ・・・ 披露宴、祝賀会、年賀、初釜、パーティー


▼このきものは留袖? 他のきものとの違いは?
留袖には、必ず紋が入ります。
上半身に柄がなく、裾にのみ柄があります。柄は縫い目を渡って模様が続く絵羽模様になっています。
(訪問着は上半身にも柄が入ります)

略礼装で祝いの場へ出席する場合。このようなお着物があります。

「訪問着」「付け下げ」「色無地」を紹介していきます。
これらは既婚か未婚かを問わず着られるものです。

訪問着

訪問着(ほうもんぎ)とは (29458)

新郎新婦の友人であるとか、あるいは職場の同僚として出席する際に着物を着る場合、最も無難と言えるのがこの訪問着でしょう。
32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

マナーを大切に。結婚式用の着物にぴったりな髪飾り選び♪

マナーを大切に。結婚式用の着物にぴったりな髪飾り選び♪

晴れ晴れしい結婚式の主役は新郎新婦ですが、式に呼ばれたらやはり素敵な装いをしたいものですね。きれいな地柄の着物を着てそれに合った帯を締めた後の、小物の飾りや髪飾りも大事です。マナーを守った結婚式用に似合う髪飾りを選びましょう♪
ちゃっぴー | 1,863 view
親族の結婚式に着物で参列・・・どうやって選べばいいの?

親族の結婚式に着物で参列・・・どうやって選べばいいの?

親族の結婚式に参列する場合、悩ましいのが着物のマナーです。年齢や婚姻歴、立場などによって着物の種類が違ってきます。そこで今回は、親族の結婚式で選ぶべき着物のタイプについてまとめてみました。着物選びは、マナーの基本ですよ♪
akiko | 1,537 view
親族の結婚式で着る着物のマナーを知って礼装で参加しよう

親族の結婚式で着る着物のマナーを知って礼装で参加しよう

結婚式で親族が着用する衣装にはマナーがあります。 マナーを知らず当日会場の雰囲気が気まずくなっては大事な式が台無しになってしまいます。 必ず結婚式前に親族が着ていく着物のマナーを調べて準備し、心から祝福できるようにしましょう。
momo | 713 view
結婚式のゲスト。着物にぴったりのヘアスタイルは?

結婚式のゲスト。着物にぴったりのヘアスタイルは?

結婚式に呼ばれると、ドレスやワンピースといった洋装で参加する方も多いですが、たまには着物で参加するのもいいですよね。そこで迷うのが、着物の時のヘアスタイル。「ゲストに呼んでよかった!」と思われる素敵なヘアスタイルをご紹介いたします。
kimkim | 1,348 view
これなら大丈夫!和装婚での立ち居振る舞いの基本を学ぼう

これなら大丈夫!和装婚での立ち居振る舞いの基本を学ぼう

見た目にも華やかな【和装婚】。着物を着ている時の正しい所作が身についていれば、さらに美しく見せることが出来ます。着物を着る機会が来た時に慌てないよう、基本をしっかり勉強して、凛々しい和装姿で周りを魅了しましょう♡
はむはむ | 521 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

opry opry