2017年2月7日 更新

振袖コーデにアクセントを♡帯揚げの活用術まとめ♪

小物使いが重要な振袖コーデ。中でも、指し色として活用できる帯揚げは、着付けになくてはならない必需品なんです♪そこで今回は、結び方から配色のコツにいたるまで、帯揚げの活用術についてまとめてみました。レースを使った小技もオススメですよ♡

158 view お気に入り 0

☆和装にハマる女性が増えている!?

日本人にとっても、中々着る機会が少ない和装。
しかし最近、和装にハマっている女性がじわじわと増えているのをご存知でしょうか?
和装にハマるきっかけとして最も多いのが、『小物使いの楽しさを感じた時』なんだとか!
和装小物の中でも、柄や配色、結び方ひとつで風合いを変える帯揚げは
和装ビギナーを惹きつける代表格なんです♡

☆帯揚げの結び方♪

No.604 あき | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (24023)

【おはさみ】

胸元をスッキリ上品にしたいなら、
着物にはさみ込むように仕上げる
「おはさみ」がオススメですよ。
着付けビギナーさんでも、
簡単に出来ちゃうのが嬉しいポイント♡
あけぼの色の総絞り風振袖に、源氏車・牡丹・菊・桜などが描かれた優しい雰囲気の振袖です。
爽やかな白地に束ね熨斗(のし)が美しい帯の蝶結びがキュート。
緋色の帯揚げは胸元にシャープにかけて可愛らしい雰囲気に。
No.487 ワカニャン | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (24015)

【リボン結び】

細い帯揚げをリボン結びで愛らしく♪
大人びた無地の振袖に、
さりげなく女性らしさを加えています♡
無地のからし色にほんのり虹色が施された振袖です。
金の風合いクラシカルな帯は、鮮やかな緑の飾り紐でアクセントを。
肩蝶結びで女性らしさ漂わせます。
真紅の襟とリボン結びの帯揚げが、メイクと合わせて色っぽい装いに。
No.018 三浦千尋 | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (24004)

【一文字】

帯の上部を覆うように仕上げる一文字。
どのくらいの幅を見せるかで、
全体のバランスが変わってきます。
他の結び方に比べて見える部分が広いので、
柄物の帯揚げが似合いますね♪
爽やかなラベンダー色の振袖に、寒色系を基調とした牡丹や花葉がキラキラとあしらわれた現代的なデザインです。
黒地の帯は変わり立て矢結びで背中を華やかに、紅梅絞りの帯揚げが可愛らしい色調で女の子らしさを引き立てています。
No.601 あゆむ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (24017)

【結びきり】

帯揚げの端を結んでまとめるタイプ。
結び目をコサージュにして
豪華にアレンジする事も出来ますよ♡
黒地に八重桜が華やかに描かれ、鞠(まり)や熨斗(のし)が女の子らしい振袖です。
袖にはしだれ八重桜が。
薄紅梅の帯揚げはねじり仕立てで可愛らしく。
四色の帯締めが古典的なアクセントを効かせています。
No.038 ちなみ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (24019)

【本結び】

最も基本的な結び方。
中心を深く押し込んで、
サイドを斜めにする小技も使えます♡
真紅の振袖は、道長雲取りに雪輪、牡丹、松竹、菊など落ち着いた色調で描かれています。
立涌文様の帯は変わり結びで背中に華やぎを与え、重ね襟の緑色と帯締めを合わせて装いをまとめています。

☆失敗しない配色のコツ♪

28 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

松葉0124 松葉0124