2017年1月22日 更新

卒業式の疑問!着物と袴の組み合わせ♡ポイント解説♪

パーツの組み合わせが決め手の和装。特に、メインのパーツが2種類ある袴コーデなら尚更でしょう。どんな着物にどんな袴が似合うのか、悩みどころですよね。そこで今回は、着物と袴の組み合わせポイントについてまとめてみました。失敗しない選び方とは・・・?

424 view お気に入り 0

☆袴コーデのポイント第1位!袴と着物の組み合わせ♪

【小振袖】赤地・花柄 【袴】紺地(No: 1776) / 写真館ピノキオ 調布店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22591)

袴コーデで最も重要なのが、
着物と袴の組み合わせ!
「あの子のセンスいいね」なんて、
思われたいですよね♪
袴姿でみんなが素敵と感じる3つのポイント

素敵な袴姿で参加するために注意しておきたいポイント、みんなが素敵だと感じるポイントをピックアップしてみましょう。
みんなが見るポイントは以下のようなものがあります。

1.袴と着物の組み合わせ
2.足元・小物
3.ヘアスタイル

☆袴に合わせる着物のタイプは?

卒業式の袴の着付けですが、女性の場合は中に着物をきますね。
若い未婚の女性が着る振袖を中に着るのが一般的で、レンタルされる方は動きやすい小袖という袖の短いものを着る方が多いですが、大振袖といって一番袖の長いものを着ても問題ありません。
見た目には大振袖ですとやはり華やかになります。
【振袖】青地・花柄 【袴】ピンク地(No: 1785) / 写真館ピノキオ さいたま新都心店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22590)

【大振袖】

長さが全身の7割ほどまである振袖。
長身の人にオススメしたいタイプ。
背の低い女性が着ると、
袂を引きずってしまうかも・・・。
小町(小学生用)(No: 948) / 写真館&貸衣裳 スタジオ醍醐 大津店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22597)

【中振袖】

袂がひざ下まであり、大振袖の華やかさと
小振袖の愛らしさを合わせたタイプ。
夢千代 4(No: 912) / 写真館&貸衣裳 スタジオ醍醐 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22592)

【小振袖・二尺袖・小袖】

袖の長さが身長の約半分程度。
袴と合わせるとバランスが良く、
最も多く用いられています♡
◇振袖の種類は袖の長さによって、3種類に分類されます。

①大振袖 約115㎝(三尺三寸) 
花嫁衣裳に用いられる振袖で、絢爛豪華なのが特徴。

②中振袖 約105㎝(二尺八寸)
成人式や結婚式の装いとして人気。

③小振袖 約85㎝(二尺三寸)
二尺袖、小袖とも呼ばれ、袴コーデに最も良く用いられるタイプ。
結婚式で振袖として活用される事は、ほとんどありません。

※レンタルの主流とされているのが、中振袖と小振袖です。

☆卒業式で履く袴とは?

新作!刺繍がカワイイ袴(No: 1191) / スタジオチーズ - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22599)

【女袴】
[女袴]
明治時代から昭和初期には女学生の制服として多く着用された。現在でも卒業式における女性教員、女子大生の定番の服装である。
袴姿は歩きづらいのではないか、トイレに行った時に困るのではないかという不安もあるようです。
卒業式で女性が着る袴は女袴といって、動きやすさを重視して活動的に動けるように考案された和装です。着物よりも歩きやすく移動しやすいでしょう。大股で闊歩するのはやめた方が良いですが、普通に歩く分には問題ないでしょう。
袴には、乗馬の時に履く「乗馬袴」や、日本舞踊などで用いられる「舞袴」など、様々な種類があります。
ですが、成人式で用いられるのは、動きやすい「女袴」が一般的です。
とは言え、初めて袴に挑戦する場合は、階段の上り下りやトイレなどの下準備がオススメ♪
歩き慣れたブーツならともかく、履き慣れない草履を履く場合は尚更でしょう。
29 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

繁縷0117 繁縷0117