2016年12月14日 更新

振袖の帯結びは素敵な着こなし写真を参考にしよう!

振袖を初めて着られる方にとっては、どんな結び方をしたらいいのか、本当に迷われることでしょう。そこで、素敵な着こなしの写真をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。着物や帯の柄を活かした帯結びにされるとよいでしょう。

635 view お気に入り 0

振袖の帯結びはどんな結び方がいいの?

2016 三越 華小袖 6(No: 26319) / 三越 華小袖 | My振袖 (8750)

初めて振袖を着られる方にとって、振袖の帯結びはどんなものにしたらいいのか、本当に迷いますよね。
そこで、素敵な振袖の帯結びの写真を集めてみましたので、参考にしてみてください。

基本は、着物と帯の柄を活かした結び方にするのがよいでしょう。

華やかなリボン風に♡

No.457 おみくり | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (8751)

こちらのお着物は、橙色をベースにした着物です。
松、竹、梅、菊が描かれており、とても縁起のよさそうな晴れ着です。
明るいカラーの着物地と、黒をベースにした帯がとても似合っていますね。
帯をゆったりと結ぶことによってふっくら感が出ています。
ビビットカラーの黄緑色の帯締めも帯の柄とよく合っていて、上品にまとまっています。

黒の地色の帯で引き締まった印象になります

No.457 おみくり | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (8754)

着物地が明るいと、膨張した感じになるため、太って見えてしまうのですが、黒地の帯を使うことによって、全体を引き締めて見せてくれます。
帯の色使いもお手本にしたいですね。

ドレープ感のある変わり結びで帯柄を活かして!

No.298 愛 | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (8757)

こちらは朱色をベースにした美しい帯です。
金や朱色、白い花柄などが鮮やかに描かれている美しい帯です。
こうしたデザイン性の高い帯は、柄がはっきりと見えるように結ぶと素敵ですね。
ドレープ感のある変わり結びが、着物をよりゴージャスにそして華やかに見せてくれます。
こっくりとした黒地に、金箔雲取りに花車文が豪華絢爛な格調高い振袖です。
四季折々の草花が優美な色調で描かれた一枚です。
重ね襟や胴回りの小物使いに朱色を取り入れたアクセントある表情を作っています。
No.298 愛 | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (8761)

振袖も大変豪華な柄が描かれていて、本当に綺麗ですね。

非常に珍しい前結び!

前結びだらり帯

32 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成人式の振袖レンタルも前撮りもできる《写真館情報 関東編》

成人式の振袖レンタルも前撮りもできる《写真館情報 関東編》

たくさんある成人記念写真が撮影できるスタジオ。 前撮りや当日の振袖レンタルなど、スムーズに行える写真館が一番当人としてもご両親としても不安や負担が軽くて良いのではないでしょうか?今回は関東圏で人気の高い写真館をご紹介します。
こばち | 566 view
笑顔と姿勢を正して、綺麗な振り袖姿を写真に残そう。

笑顔と姿勢を正して、綺麗な振り袖姿を写真に残そう。

成人式は衣装に一度しかない大きなイベントです。子供から大人になる時にしか着ることのない振り袖姿を、綺麗な写真として残したいですね。素敵な笑顔で、こだわりの振袖と写真館を見つけて最高の一枚を残しましょう。
asai | 995 view
《成人式》会場で前撮りで。綺麗で可愛い振袖姿のポーズ

《成人式》会場で前撮りで。綺麗で可愛い振袖姿のポーズ

洋服姿での写真撮影には慣れていても着物姿での撮影は振袖で行うのが初めてという人も多いはず。 しかも着物は帯でクビレなどが出ないためいつものようなポーズだとズングリとした姿に写ってしまうことも・・・今回は振袖姿が栄えるポーズをご紹介します。
こぱんだ | 471 view
【撮り方】和装でキレイに写真に映るコツ【撮られ方】

【撮り方】和装でキレイに写真に映るコツ【撮られ方】

成人式や結婚式など、和装する時は特別な日であることが多いですよね。 写真を撮る機会も多いかと思います。 でも、普段着慣れない着物姿でどんなポーズをすればいいのか迷いませんか? 今回は、和装の時に美しく見せるためのコツをご紹介します。
kimonokimono4 | 2,633 view
リボンを合わせても大丈夫?振袖に似合う髪飾りのポイント!

リボンを合わせても大丈夫?振袖に似合う髪飾りのポイント!

可愛らしく存在感があり、簡単にヘアアレンジができるリボンですが、洋風のイメージがあるため、着物には合わせにくいと感じている人もいるのではないでしょうか。リボンは他の飾りと組み合わせて使うこともでき、組み合わせしだいでは洋風にも和風にもなります。
makaron | 307 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ぴんとこな ぴんとこな