2016年10月18日 更新

華やか!お呼ばれ結婚式にぴったりの【赤い振袖】はコレ!

結婚式に招待されたら、まず悩むのが服装ですよね。ワンピースもいいし着物も着てみたい・・・おすすめなのは、華やかさが出る赤い振袖!未婚でないと着られず、着る機会も限られる振袖、ぜひチャレンジしてみては?

261 view お気に入り 0

結婚式に呼ばれた!何着る?

結婚式に呼ばれたはいいけど、どうしたらいいか悩んでしまうのが服装。
悩んでいるあなたにオススメなのが振袖。特に赤い振袖は明るさや華やかさがあって結婚式にぴったりですよ!

「赤」って着ていいの?

 (3350)

招待客が「赤」を着ていけないというルールはありません。
ゲストが着てはいけない色は、白や薄いベージュや薄いピンク等の「白っぽく見える色」です。
他に、出来れば避けた方いい色は「黒」です。
お祝いの席に黒やネイビーなど、ちょっと地味な色で出席するとちょっと暗くなってしまいますよね。

ただ、赤色NGの注意が必要な場合があります!!
それは新婦がお色直しで「赤」を着るよ!っていう場合は、避けた方がいいかもしれません。
招待客が着るドレスと新婦のドレスが被ってしまうのは、NG。
結婚式に出席する上で注意しなければならないのは「主役の花嫁よりも目立たない」こと。
一方で、出席者の服装が黒やグレーといった落ち着いた色が多くなると、
集合写真を撮った時などに地味な印象になってしまいます。
鮮やかな色で結婚式に華を添えたいですね!

★シンプル系

 (3356)

赤地に黒のぼかしが施され、金箔のススキに枝桜、蝶が描かれた奥ゆかしい振袖です。
金の風合い豪華な帯は蝶文庫結びに、飾り紐でアクセントをつけて。
こっくりとした赤の帯締めをリボン仕立てにしてワンポイントに。
シンプルめの柄で上品な振袖。
結婚式では座っていることが多いですから、上半身に模様が入っているものの方が華やかさが出てオススメです。
 (3374)

鮮やかな赤地に桜や梅が描かれたシンプルな振袖です。
幾何学文様の帯が金銀豪華な華やかさで装いを彩ります。
すっきりとしたアップヘアとシャープに出した水色の帯揚げ、襟元の緑で爽やかな印象に。
40 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

yamaato yamaato