2017年1月18日 更新

母の振袖【世代を超える】リメイク&コーディネート術を伝授

お母さんが成人式のときに来ていた大切な振袖。 何十年も前の振袖ですが、小物や帯を現代的にコーディネートすれば、古い振袖とは思えないぐらいにおしゃれな着こなしが可能です! お母さんの振袖を着れば、家族の絆も深まります☆

4,403 view お気に入り 0

着物は世代を超えて着ることができます!

おうちに眠っている振袖を着よう!

おうちに眠っている振袖を着よう!

お祖母ちゃんやお母さんが着た振袖が、おうちに眠っていませんか?
以前は、お祖母ちゃんやお母さんが着た着物を娘さんが着ることは、
それほど珍しいことではありませんでしたが、近ごろは成人式や、
結婚式のお呼ばれしたときに着る振袖は、ほとんどの方がレンタル着物を利用するようになっています。
でも、レンタルとはいえ、格調高い振袖だと、レンタル料金が10万円以上かかることもしばしば。
1日しか着ないのに、このレンタル料金はちょっともったいないですよね。

そこで、密かに人気を集めているのが、
お祖母ちゃん、お母さんが着た振袖を現代的にアレンジして着る、というもの。
最近は、それを「ママ振袖」と呼び、ブームになっているそうなのです。

なぜ、「ママ振袖」を着る人が増えているの?

理由①古典柄の振袖が人気だから

理由①古典柄の振袖が人気だから

古典柄の振袖とは、菊や牡丹、花車、扇など伝統的な模様があしらわれた振袖のことです。
最近、こうした伝統的な柄の振袖に人気が出てきているんです!
豪華に見えるうえに、レトロ感があって可愛い♡と評判なんです。
理由②「ママ振袖」は上質だから
現在成人式を迎えるお嬢さんたちを持つお母さんたちが成人式で振袖を着たのは、二十数年~三十数年前のことです。ちょうど高度経済成長期の真っただ中で、日本経済も豊かでした。
その頃は、数百万円もする振袖がよく売れていたといいます。
お母さんが大切に保存してきた振袖も、きっと上質なものでしょう。
現代売られている、低価格な振袖やレンタル品は、ポリエステル地に柄をプリントしたものが多く、それらに比べても、「ママ振袖」は見劣りしないはずです。
理由③若者たちの貧困
現在の若者たちは、低所得、ワーキングプア、非正規雇用などと呼ばれるように、経済的にあまり豊かでない人が多くなっています。それゆえ、「成人式」、「結婚式」といった行事にあまりお金をかけられない、という事情も少なからずあるようです。
レンタルするよりも安く、上質な振袖が家にあるのならば、「ママ振袖」に人気が出るのも、うなずけますよね。

ママとお嬢さんの身長が異なる場合

お母さんと自分の身長がかなり違う場合は、仕立て直しが必要になります。
仕立て直しとなると、数か月かかる場合もありますので、早めにサイズ確認をしておきましょう。
「ママ振袖」リメイクを行っている販売店に、着物を持ち込んで、
着る本人も一緒に行けば、その場で採寸してくれますよ。

「ママ振袖」に汚れやシミがないかチェック!

「ママ振袖」は、一度きちんと広げて、全体の状態をチェックしておきましょう。
シミなどがある場合は、シミ抜きのクリーニングに出します。
何十年もしまいっぱなしにしていたのであれば、シミや汚れがある無しに関わらず、
一度クリーニングに出すことをおすすめします。


ママ振袖は、小物でアレンジ

「ママ振袖」は、小物などもそのままお母さんが使ったものを使用してしまうと、
古臭い印象に見えてしまう可能性があります。
そこで、帯や小物を今時のものにして、コーディネートをアレンジする方が、新鮮でおしゃれに見えます。
どんなコーディネートが良いかは、呉服店の店員さんと相談するとよいですよ♪
半襟・重ね襟

半襟・重ね襟

黒レースをアンティーク系の振袖に合せると、一気にレトロモダンに変身!
24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

初心者推奨!なかなか決めれない帯の種類と選び方♪

初心者推奨!なかなか決めれない帯の種類と選び方♪

着物と小物の組み合わせ・・それこそ和装の醍醐味!特に、身体の中心に位置する「帯」は、和装の要と言われています。そこで今回は、帯の種類と選び方についてまとめてみました。ゆる~く分類すると、帯の種類は3種類!シーンに合わせて選ぶのがコツですよ♡
石楠花0103 | 932 view
帯や小物選びの参考に!配色コーディネート術♪

帯や小物選びの参考に!配色コーディネート術♪

帯や半襟、帯揚げや帯締めなどの、小物と組み合わせて仕上げるのが、着物コーデの醍醐味!その決め手となるのが、「色」の組み合わせなんです。そこで今回は、着物&小物の配色についてまとめてみました。意外な発見があるかも・・ご期待下さい♡
菖蒲1227 | 3,637 view
着付けの要!帯締めの解説と振袖にピッタリなタイプ特集♡

着付けの要!帯締めの解説と振袖にピッタリなタイプ特集♡

和服は、着物と小物の組み合わせでオシャレを楽しむもの。中でも、帯の中央で結ぶ帯締めは、着付けの「要」と言われています。そこで今回は、帯締めについての解説と、振袖にピッタリなタイプを特集してみました。あなたの振袖に似合うのは、どんな帯締めでしょうか♡
小菊1128 | 631 view
和服のセンスが問われる「小物使い」~帯周りの小物編~

和服のセンスが問われる「小物使い」~帯周りの小物編~

小物との組み合わせで作り上げるのが、「和服」というもの。思わず振り返って見てしまう「着物美人」を目指すには、小物使いが決め手になるんです!そこで今回は、センスが問われる帯周りの小物についてまとめてみました。「帯留め」や「根付」など、可愛いアイテムがいっぱいです♡
柊1129 | 1,210 view
帯は種類がたくさん!装飾品にもこだわりたい!!

帯は種類がたくさん!装飾品にもこだわりたい!!

お着物のレンタルとなると、帯も一緒にレンタルしますよね!一口に“帯”と言っても、種類も用意するものも案外沢山あります。どのようなものがあるのか、確認しておきましょう!帯を装飾するもののチェックも行います!
おにぎり | 503 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

runner runner