2017年1月29日 更新

卒業式の袴に履いていく「ブーツ」の「色」のポイント!

卒業式に袴を着ていこうと思った時、足元はどうしますか?草履にするか、それともブーツにするか。もちろん、オススメはブーツ。オシャレでモダン。けれども、ブーツなら何でも良いというわけではなく、式に合ったブーツの色を紹介していきます。

265 view お気に入り 0

成人式で「袴」を着るなら「ブーツ」がオススメ!

レトロ袴(No: 2564) / TAKAZEN 梅田店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22080)

袴の可愛らしい中にも清楚なイメージに
モダンな雰囲気をプラスさせ、オシャレに。

「女学生」というイメージになり
卒業式にピッタリな雰囲気になります。
卒業式で女性が着る袴は女袴といって、動きやすさを重視して活動的に動けるように考案された和装です。着物よりも歩きやすく移動しやすいでしょう。大股で闊歩するのはやめた方が良いですが、普通に歩く分には問題ないでしょう。
もっと歩きやすくしたいならば足元はブーツをはくのも良いでしょう。女袴が女学生の制服として認められた頃は、編上げのブーツが流行していました。 現在でも人気が高く、黒の皮に紐で編み上げたシルエットはすっきりとしていて、靴に慣れている今の世代でもおしゃれと気楽さを両方取りすることができます。
レンタルでブーツを用意してくれるところもありますし、履きなれたブーツがあればそれが一番気楽に過すことが出来るでしょう。普段使いにもすることが出来るので、これを機に編み上げブーツを購入する方もいるようです。
やはり普段履きなれている靴と違い
草履では、歩きづらく疲れてしまいます。
また、鼻緒で足を痛めてしまったり、時期的に寒くて耐えられないなど
正式な場に対して礼装という面で草履を選ぶ人が多いものの
たくさんのデメリットがあります。

それに対してブーツならば、足を痛めることなく
自由に歩き回れ
また、モダンなオシャレとして認知されているため
礼装としての役割もあり
袴に合わせる足元のチョイスとしてバツグンです。
レトロ袴(No: 2562) / TAKAZEN 梅田店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22082)

ブーツでオシャレになるだけでなく
アクティブに動き回れるので
活動的な袴との相性はバッチリです。
ブーツのメリットとしては
①動きやすい
②寒くない
③履きやすい
④式以外でも使える
等々あり、草履にはない良さがあります。

もちろん、カラーバリエーションも草履と違いたくさんあり
服に合わせて楽しむことができます。
また、草履に比べて面積が大きいので
アクセントのポイントとなり、小物を持った際のバランスがとれ
オシャレアイテムとして幅広い活躍をみせます。

ブーツを履くなら、この色!

No.294 ゆりあ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (21969)

「黒」のブーツ

濃い色のブーツは上に合わせやすく
また、フォーマルな色なので外れないですね。


赤×黒
服が派手目になっている分、しっかりと
黒色で全体をまとめています。
また服のポイントポイントに黒色があるため
バランス良くブーツが似合っています。
レトロ袴(No: 2561) / TAKAZEN 梅田店 - 卒業式と成人式の袴レンタル日本最大級の情報サイト (22081)

「ベージュ」のブーツ

淡い色のブーツは
服が淡い色に合わせると全体がまとまり
オシャレになります。


緑×ベージュ
服にハデハデしさがないため、淡い雰囲気が全体がまとまっています。
そのため落ち着いた雰囲気になり
人とは違うオシャレになります。
mi-303「あさなぎ」【mi*more 2016新作】(No: 25848) / 振袖ふるーれ 浅草ROX本店 | My振袖 (21972)

水色×黒
上記の赤と同じように派手目でありますが
寒色なので、少し落ち着いた趣になります。
なので、ブーツの黒色は全面に出さず
ポイントとして見せることによって
全体をグっと引き締めます。
ブーツの色は悩むところですが
やはり式はフォーマルな場面なので、「黒」か「濃いブラウン」が良いでしょう。
そうすることにより、場から浮きませんし
場の雰囲気を壊すこともありません。
イメージとしては、「派手な色合い」なら「黒」が似合いますし
「シックな色合い」なら「ブラウン」が似合います。

ただし、あくまでもフォーマルな場面を意識し
かつ、せっかくの行事なので印象に残る色合いを…と求めた場合ですので
服の色合いが淡い場合、黒を合わせると
やはり靴にポイントが集まってしまい、オシャレになりません。
ですので、大前提は服に合わせること。

もちろん、着物が淡い様子なら、上記のように淡い色のブーツを合わせると良いですし
派手なら黒などの濃い色のブーツが合います。
なので、しっかりと服の時点で足元を意識した装いを考えると
上手くいくと思います。

もし振袖にブーツを合わせるなら。

No.310 ナツカ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (21970)

なんといっても歩きやすさが一番。
遠出をするような場所であったり
寒い地域の成人式なら、ブーツ一択です。

赤×黒
やはり似合う色は袴から振袖に変えても変わりません。
派手な色合いなら、黒を合わせることで
全体がキュッとまとまり、オシャレになります。
攻め系★個性派アレンジスタイル①(No: 27147) / ロイヤルスタジオ 浜線店 | My振袖 (21971)

あえての二刀流もあり。
移動が多い時は、ブーツを着用
会場や着脱が多い時は、草履を着用
など、現地で履き替えるのもアリです。

赤の縞々×黒
服が淡いので、黒は浮きがちですが
帯に濃い色を取り入れたり
頭にもワンポントのアクセサリーを持ってきたりすることで
メリハリのきいたオシャレになります。
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

a_prome a_prome