2016年10月20日 更新

知らなきゃ損!七五三の着物は仕立て直しで着れます!

七五三の着物は初宮参りで着た祝い着を仕立てなおせば、七五三用に着回すことが出来ます。仕立て直し費用は着物を購入するよりも安く済みます。腕に自信がある方は、自分で直してもよいでしょう。ママやパパの晴れ着を七五三用に仕立て直すことも可能です。

1,368 view お気に入り 0

七五三費用はやはりお金がかかります!

七五三をするなら、出来れば日本伝統の着物でお祝いしたいものです。
でも衣装代などの費用が相当かかるので、頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。

お宮参りの初着、家のタンスの中で眠っていませんか?

お宮参りで着た初着!
もしかして、家のタンスの中で眠っていませんか?
もし持っていたら、是非、七五三で着ましょう。
一回しか袖を通さず、一生着ない!というのは、実に勿体ないことです。
この初着、女の子なら、三歳のお祝いに、男の子なら五歳のお祝いの着物として再び着ることが出来るのです。

女の子なら被布でカバー!

七五三写真展 (4533)

祝い着の袖は四角いままで、袖口がなくて、開いていますので、そこをくけとじて袖丸みをつけます。
被布には袖がないので、袖は直したほうがいいですね。
腰紐の位置は高いので、脇止まりの延長に付け替えます。

子供の着物には肩あげと腰あげが必要ですので、あげをします。


お持ちの3歳用の着物に被布を着せてあげれば、祝い着の直しはしなくて良いので被布のみ購入、またはレンタルで、お持ちの着物にあげをすればいいと思いますよ。
女の子(3歳)のお着物は先日お直ししました。最初からそのつもりで選んでいるので、予定通りです。
帯や小物は私のときのものがまだ使えそうだったので、それを使う予定でいます。
初着を選ぶとき、七五三に使い回すことを考えて、柄を選ぶとよいですね。
帯や小物類は、子供用とはいえ、購入するとそれなりの費用になりますので、ママのを使い回すとよいかもしれません。

ちなみに仕立て直しの費用はどのくらいかかるの?

仕立て直しの費用ですが、業者にもよりますが
だいたい
袖丸みが約3,500円
長襦袢の直しが約2,800円
肩あげが約2,000円
腰あげが約4,000円
ほどかかります。

手先の器用なママなら、自分で仕立て直しをすることも出来ます。

男の子なら袴と羽織、小物のレンタルで十分かも!

男の子の場合、初着を仕立て直して着物として着ることが出来ます。
七五三には羽織りや袴、小物などが必要ですが、必ず羽織が必要だというわけでもありません。
費用を少しでも浮かしたいというのであれば、羽織はなしで、袴だけでも十分立派に見えるでしょう。
また一人っ子の場合なら、袴は購入せずに、小物類も含めてレンタルしてもよいでしょう。
下に兄弟がいる場合は、兄弟で袴や小物をお下がりさせて使い回した方が得になることもありますので、どちらが特になるかを良く考えて決めるといいかもしれません。
七五三写真展 (4532)

お宮参りの時の着物は羽織ではなく着物として着ました。羽織、袴など揃えようと思い呉服屋さんに行き母が聞いたところ、レンタルなどの場合羽織がセットになっていますが、自分の着物があるならそれだけで十分との事。袴、ぞうり、小物などをそろえ羽織はきませんでした。
着物を買ってくれた私の祖母が息子にあわせ肩と腰で上げをして調節してくれました。仕立て直しの必要はありません。
真冬の行事時ではないのでぜひ羽織を着なくてもすこしもおかしくありません。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

コーンポタージュちゃん コーンポタージュちゃん