2017年3月4日 更新

結納は着物!振袖は幸せを呼ぶ!厄落とし、良縁を結びます!

結納時のお召し物は是非、着物を着ましょう♪それはなぜかというと、結納で振袖を着ると、女性は幸せになることが出来ると言われているからです!長い袖には、厄を落とす意味合いや、良縁を結ぶという意味があります。幸せな結婚に向けて、振袖を着てみませんか?

132 view お気に入り 0

ちょっぴりドキドキな結納!

【凛 りん】 (No.7020) / マイム レンタル・コーディネイト | My振袖 (26376)

ご婚約おめでとうございます。
結納を控え、彼のご両親と顔を合わせなければならない!
・・・そう考えただけでもドキドキですよね。
洋服も良いけれど、せっかくだし結納は振袖でお洒落に決めたい♡というお嬢様のために、
色々な振袖をご紹介します。

振袖を着るチャンスでもあります!

広瀬すずコレクション トラッド (No.13780) / きものやまと ルミネ荻窪店 | My振袖 (28427)

結納の場は、両家の家族だけの場であるとはいえ、厳かな儀式の場であることをわきまえた格好が大切です。
礼儀として、身だしなみをきちんとして臨みましょう。

そして、フォーマルな場であるので、服装の格を両家でそろえることが大切です。

花嫁が振袖を着られる機会は結婚式まで、ということもあり、着物姿で結納に臨むケースも多いようです。

格をそろえることが大切

結婚式と同様、結納も両家の服装の格をそろえることが大切です。
相手側と服装について、事前に確認をしておきましょう。

なお、 花嫁の振袖は「正礼装」 になるため、

花婿…紋付き袴、モーニング

両家母親…花嫁本人と格を合わせるか準礼装:黒留袖、色留袖あるいは訪問着。洋装も可。

両家父親…花婿本人と合わせるか準礼装:紋付き袴、モーニングあるいは準礼装

が、 本来両家の「格を合わせた」スタイル です。

美しい振袖は身を清める意味合いもありました

小松菜奈着用新作振袖 (No.4774) / 京都きもの友禅 東京本館 | My振袖 (26386)

第一礼装の振袖は未婚の女性が着る着物です。
袖が長く、柄も様々なものがあります。

結納の日に振袖がお勧めなわけとは?

その昔、袖を振る仕草は厄払いや清めの儀式に通じるとされていました。
成人式や卒業式、結婚式に振袖を着ることは、「人生の門出に身を清める」という意味があるのです。
結納はまさに、人生の門出の日でもあります。
長い袖には厄払いや清めの意味も含まれていますので、とても演技がいいものなんです♡

良縁を結ぶという意味合いもあります

34 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

小紋ちゃん 小紋ちゃん