2016年10月18日 更新

七五三の時の母親は、どんな着物を着るべきなのでしょうか?

お子様の晴れの日『七五三』。お参りしたり写真を撮ったり、とても喜ばしく楽しみなのではありませんか? だけど、、、「自分は何を着たらいいの?!」と、お悩みの方も同時に多いのではないでしょうか(;´∀`) 恐らく、親であれば誰もがぶち当たる悩みでしょう。。。

209 view お気に入り 0

まずは、着物の種類から考えましょう

 (3905)

紋の数が多くなるほど格が高くなりますので、昔は一つ紋の色無地を着ている人が多かったようです。
附下と訪問着は別の種類ではありますが、見た目ではあまり変わりがなく、見分け方としては袖と肩の柄が繋がっていれば訪問着、繋がっていなければ附下となるようです。
訪問着、附下(つけさげ)は洋服で言う「フォーマルドレス」の格と一緒
色無地もそれに準ずる着物なのです。
小紋という着物全体に模様がある種類の着物がありますが、小紋という着物は基本的に普段着となってしまいます。
七五三で母親が着物を着る場合、訪問着、付下げ、色無地(一つ紋)のいずれかにするのが、一般的です。
これらは、入学式などの式典でも着られる着物になります。
一緒にお着物を着てお宮参り♪
お母様であれば一度は憧れるのではないでしょうか?
だけど、いざとなるとどういった着物を着たらイイのか分からない。
と、お悩みの方も少ないくないはずです(;^ω^)

着物を選ぶ時のポイント☆

七五三の主役は子供。
そのため子供より目立たないようにする
ということが基本です。
 (3907)

お母さまはあくまでも、引きたて役。
柄や色もお子さまの方が華やかにみえる物を選びましょう♪♪
濃い色目の物よりは、
淡い色合いの着物は控えめで優しい雰囲気になります。 

色味としては、淡いピンクやクリーム色を
お召しになる方が多く見受けられますね。

若々しく仕上げたい場合は
ピンク ・ クリーム ・ 水色
・落ち着いた雰囲気にしたい方
紫 ・ ベージュ ・ グレー ・ グリーン

がおススメです!

お嬢さんとのバランスを考えるなら
同系色で合わせるとってもまとまった雰囲気になります。
【お子さんの着物の色】       【お母様の着物の色】
赤         →      淡いピンク 又は クリーム色
ピンク(濃い)   →      淡いピンク 又は 淡い水色
ピンク(淡い)   →      落ち着き目の濃いピンク 又は 淡い紫
黄色        →      淡い朱色 又は クリーム色
紫         →      淡い水色  又は クリーム色、淡いピンク
水色         →      クリーム色 又は グレー 

柄を選ぶ際にも気をつけて

着物には、四季それぞれの絵柄があります。
七五三の時節に、新春や春の絵柄は季節外れになってしまいますので、気をつけましょう。
紅葉や実りなど、秋を描いた柄行きは趣があって素敵ですね。
けれど当然、他の季節にはお召しになれません。
10月と12月では季節感が違いますし、文様化されていない写実的な絵柄ほど、季節が限定されますので、ご注意くださいね。

有識文様や吉祥文様など、季節に関係ないおめでたい柄も、お祝いごとに相応しいです。

着物を決めたら、後は髪型

ショートヘアママはトップをフンワリさせて

ショートヘアママはトップをフンワリさせて

カーラーを使って根元がフンワリさせましょう♪♪
トップにボリュームをオンして毛先にカールをつけてサッと流すだけで、十分サマになりますよ(*'ω'*)

ミディアム~ロングヘアママはスッキリとまとめて

☆夜会巻きの作り方☆ 

着物にはある程度のボリュームがあるので、ただくくるだけでは
少々貧相な印象となってしまいます。。。
夜会巻はフォーマルなシーンでも違和感なくできる髪型です♪
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

ykym ykym