2017年1月18日 更新

成人式はレトロな振袖で決まり!お洒落で可愛い【白と青】

成人式の振袖はどんな柄にしようか決まりましたか?清楚な古典柄、可愛いレトロ柄、ちょっと派手目なお姉さん系・・・色もたくさんあって迷いますね(^^; 迷った時のおすすめは断然レトロ柄!!色は可愛くも大人っぽくもなれる白と青💛おすすめ振袖をご紹介しますね^^

1,458 view お気に入り 0

お洒落で可愛くて個性的。思いっきり自由に着こなして。

可愛くも大人っぽくもなれる魔法の色

白・青のステキな袴と出会うなら・・・My振袖がオススメ!

まずは白色から♡

とびきり攻めコーデ☆②(No: 35972) / ロイヤルスタジオ 浜線店 | My振袖 (21979)

振袖にパンプス!
その発想はなかったです・・・けど、可愛い♡
振袖も帯も衿も
パンプスも
ぜ~んぶドットな
猫耳ガール
Furisode Pop ③(No: 35969) / ロイヤルスタジオ 浜線店 | My振袖 (21981)

とってもカラフル!
和菓子屋さんにある飴玉みたいです\\\\
カラフルビピッとな
色合わせ
帯や足元は
ボーダー&ストライプで
シュッと引き締め
【レトロアンティーク調】R499(No: 34582) / 振袖レンタル夢館 | My振袖 (21983)

アンティーク調なレトロ柄。
思いっきりレトロな感じに抵抗がある方に◎
地色を紫の鹿の子と白で片身変わりに染め分け、艶やかな四季の花とピンクの鶴を配しました。古典の息吹を現代に生かす、新鮮なスタイルのお着物です。
No.668 のどか | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (21985)

左から2番目の女の子。
小物使いがとっても上手!他の子と並んでいても個性が光ります^^
爽やかな白地に、大小カラフルな椿が描かれたモードな振袖です。
金×黒の格子帯が、モダンで華やかな雰囲気で装いを彩っています。
新橋色の重ね襟と帯締めが爽やかなアクセントに。
フェルト帽に黒ブーツを合わせた大正モダン風スタイルがキュート。
OE-1217(No: 29410) / オンディーヌ京都烏丸店 | My振袖 (21995)

足袋の赤色ドット柄が最高にキュート♡
濃い目チークと赤リップで思いっきり可愛らしく♡♡♡
新作振袖№2214(No: 16211) / (株)はやのや | My振袖 (21988)

とても綺麗な色と柄。
大人っぽい印象にしたい方におすすめです。
37 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成人式は青色振袖♡イメージいろいろ魅惑の画像特集

成人式は青色振袖♡イメージいろいろ魅惑の画像特集

成人式の振袖は赤や白も可愛くて良いけれど、青系もおすすめです☆清楚にも大人っぽくも可愛くもなれちゃう魅惑の色!!普段お洋服では青系の色は着ないな~という人も一度鏡の前であわせて見てください。案外似合っていつもとは違う自分を発見できるかもしれません^^
Emiko | 1,709 view
成人式の振袖は白or紫!!あなたの個性を発揮して☆

成人式の振袖は白or紫!!あなたの個性を発揮して☆

一生に一度の成人式。思いっきりお洒落したいですよね!せっかく大人の仲間入りをするので、可愛らしいカラーも良いけれど、少しだけ背伸びして大人っぽいカラーを選んでみませんか?そんな時におすすめな白系・紫系の振袖をご紹介しちゃいます^^
Emiko | 1,182 view
魅力たっぷり♡白系振袖と可愛い髪型で成人式に行きましょ!

魅力たっぷり♡白系振袖と可愛い髪型で成人式に行きましょ!

成人式の振袖、何色にしようか迷いますよね。ぱっと思いつくのは赤や青が多いのではないでしょうか。 一生に一度の晴れの舞台!定番カラーも良いけれど、少しだけ周りと差をつけて、気分を上げて素敵な式を過ごしてくださいね♪
Emiko | 1,046 view
画像でご紹介! 流行にとらわれない、古典柄の成人式振袖

画像でご紹介! 流行にとらわれない、古典柄の成人式振袖

成人式の振り袖姿、撮った写真は一生ものの記念になりますよね。 流行り廃りに流されない古典柄は、10年後、20年後…と見返しても、変わらないクラシカルな美しさがあります。 そんな古典柄の振り袖で、晴れ姿を彩ってみませんか。
みっきー | 2,263 view
気取らない・シンプルこそが美しい♪成人式での振袖スタイル集

気取らない・シンプルこそが美しい♪成人式での振袖スタイル集

コテコテにデザインされた振袖にピンとこないシンプル好きなあなた。そんなあなたにオススメの成人式の振袖スタイルをご紹介いたします。「古典」「レトロ」「キュート」「モダン」の4つのジャンル別にシンプルでオシャレな振袖をまとめてみました。
ゆきな | 3,028 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emiko Emiko