2016年10月24日 更新

【アンティーク】レトロな着物で七五三♪個性的にキメちゃいましょ♪

初めての七五三、成長して二回目の七五三を迎えるお子さんがいらっしゃるママさんに♪♪大人だけでなく、子どもだってレトロな着物やアンティークな着物が似合うのです!ちょぴり個性的な感じもまた良し、って感じがします♪せっかくなのでレトロなものも視野に入れてみませんか?

332 view お気に入り 0

レトロな着物??

 (4318)

レトロ(Retro)とはretrospective(回顧)の略語。懐古趣味(かいこしゅみ)のこと。「徒に古い物を珍しがり懐かしむだけの単なるデカダンス」とも述べられる。

製品の場合のレトロとは現行技術で作られた見た目が古いものの事で、本当に古い骨董(アンティーク、ビンテージ)とは区別される。
大正末期~昭和初期頃のアンティークの着物です。
3歳のお祝いのときにアンティークの着物を着せたら
とてもいい雰囲気だったので、今回も。
レトロとアンティークって同じだと思われがちなんですけど、実は違うのです!!
何十年、何百年も昔に作られたものはアンティークといえますが、最近作られた古典柄のものはレトロなものになるのです。
古典的な柄って、なんだか可愛いですよね♪♪小さいお子さんが着れば可愛さ倍増!
モダンな感じが好きなママさんは、ぜひレトロな着物やアンティークの着物を七五三に着せることを視野に入れてみてはいかがでしょうか?
きっと個性的な感じも出て、素敵な思い出になること間違いなしですよ☆

七五三の準備はしっかりと!!

 (4319)

七五三はお子さんの晴れ舞台ですので、しっかり準備して心にゆとりをもって臨みたいですよね!

まず、大切なのは写真撮影と参拝を同日にやるか写真撮影だけ事前にやるかを決めることです。

それぞれのメリット・デメリットを見て、お子さんの性格も踏まえた上で決めると良いと思います。
最近の七五三の事情も昔と違って大忙しです。着物もドレスも着せたい、写真撮影、そして神社への参拝、家族の食事会と盛りだくさんのスケジュール。当日は余裕を持って行動できたらいいですね。そのためにも今から早めに準備をされるとよいでしょう。
初めての七五三にしろ、二回目の七五三にしろ、準備は早めに取りかかる事をオススメいたします!
レンタルの着物だと、選べる種類が少なくなってしまいますし、購入するにしてもそんなにすぐには出来上がらないものです・・・。
そして、写真や参拝のことなど考えて計画をたてることはたくさんあるので、心の余裕を持つためにも早めに準備を開始するようにしてくださいね☆
早めに準備して後悔・・・なんてことは、ほぼありえない話ですから!

女の子の七五三

 (4320)

数え年3歳(満2歳になる年)

男女ともにお祝いします。江戸時代には子供の産毛を剃っておくと将来は健康な髪が生えてくると信じられていたため、男女問わず3歳までは坊主にする習慣がありました。3歳になり髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」を行います。
7歳:帯解の儀 
女児がこの日から紐付きの子ども用の着物を着るの
をやめて大人のように帯を締めるようになる儀式

つまりこの由来通りで言いますと男の子は三歳と五歳、女の子は三歳
と七歳がいわゆる七五三で子供を祝う年齢という事になります
21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

tsym05 tsym05