2017年1月18日 更新

魅力たっぷり♡白系振袖と可愛い髪型で成人式に行きましょ!

成人式の振袖、何色にしようか迷いますよね。ぱっと思いつくのは赤や青が多いのではないでしょうか。 一生に一度の晴れの舞台!定番カラーも良いけれど、少しだけ周りと差をつけて、気分を上げて素敵な式を過ごしてくださいね♪

1,047 view お気に入り 0

☆振袖用語辞典☆

No.642 リサ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (15798)

柔らかい白地に、美しい御所解(ごしょどき)と赤と紺の篭目(かごめ)文様がビビッドに彩る振袖です。
金色まぶしい花菱七宝の帯に、山吹色の帯揚げを合わせて落ち着いた華やぎをプラス。
爽やかな白地の帯締めが装いを引き締めています。

♦振袖の種類♦

振袖用語辞典:振袖 - 振袖の種類

🌸中振袖 ちゅうふりそで 🌸
成人式に用いられる振袖。袖丈90~102㎝。ふき綿なし・別八掛でも可。未婚女性の礼装。披露宴参列や結納などに用いられる。

🌸小振袖 こふりそで🌸
袖丈2尺~2尺3寸(約74~85cm)前後の振袖。二尺袖着物とも呼ばれる。市販されていないので、袖丈を指定して仕立ててもらう。

🌸大振袖〈本振袖〉 おおふりそで〈ほんふりそで〉🌸
紋入り、共八掛、袖口・裾回りに綿を入れる。袖丈3尺(114㎝)。最も格式の高い振袖だが、現在着られることは少ない。帯は丸帯を用いる。

♦成人式♦

振袖用語辞典:振袖 - 成人式

🌸式典 しきてん 🌸
各地方自治体が主催する、成人祝賀行事。通常1月第二月曜日に行われるが、正月三箇日、成人式前日の日曜日に開催される地域もある。


古典・レトロ・派手カワ 3パターンをご紹介します!

♦古典♦

白色 / 古典の振袖webカタログ | My振袖 (14970)

雑誌CanCamや日本テレビPON!でおなじみの土屋巴瑞季さん着用柄★土屋巴瑞季のオーセンティック・ビューティ♪二十歳を迎えるあなたに相応しい振り袖を土屋巴瑞季さんの着こなしでご紹介します♪本物の美が紡ぎ出す贅沢な時間を心行くまで…

初々しい大人の笑顔を彩る豪華な古典柄を愛らしく美しく着こなす…
王道の古典柄。
髪もすっきりまとめて、清楚な印象♡
 (14941)

大胆な花柄と大振りの髪飾りがとっても華やか。
お肌も綺麗に見せてくれそうです。
45 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

成人式の前撮り・当日の髪型は顔型タイプで選びましょう

成人式の前撮り・当日の髪型は顔型タイプで選びましょう

全体のバランスを左右する髪型。どういった基準を参考にお考えですか? 「あの髪型可愛いな」「好きなモデルの髪型を参考にしようかな」とお考えの方も多いと思います。 さらに自分に似合うかどうかを顔型で考えると、より理想に近づいたヘアスタイルを考案することができますよ。
こばち | 6,338 view
成人式にはドレを着る?人気の振袖を色別でご紹介♪

成人式にはドレを着る?人気の振袖を色別でご紹介♪

成人式で着る振袖。レンタルでも購入でも一体どんなデザインの物にしようかとっても悩んでしまいますよね。 そんなときにはお好みの色から選択肢を絞っていくと、お気に入りの一着に出会いやすいのではないでしょうか? そこで今回は色別順に人気の振袖をご紹介します♪
こぱんだ | 769 view
『個性派必見!』振袖x黒髪xショートがお勧めな理由。

『個性派必見!』振袖x黒髪xショートがお勧めな理由。

どんな風に振り袖を着たいかを決める上で、髪型選びは重要です。派手なヘアカラーやロングヘアだとアレンジ自在でゴージャスに仕上がりますよね。しかし、だからといって「黒髪xショート」のアレンジの幅が狭いというわけではありません。個性派オシャレさん大注目のスタイルが作れますよ♡
mila | 4,139 view
赤振袖をもっとかわいく魅力的に見せる成人式のヘアスタイル

赤振袖をもっとかわいく魅力的に見せる成人式のヘアスタイル

乙女の憧れ、キュートな赤の振袖を着こなすなら、髪型にもこだわりたい! その気持ちを叶えるためのヘアスタイル集をこちらでご紹介します。 かわいいだけじゃつまらない、人とかぶりたくないなんて無理難題にも応える個性的なヘアもありますよ☆
kimonokimono4 | 751 view
成人式の振袖に合わせる髪飾りを安く手に入れる方法とは

成人式の振袖に合わせる髪飾りを安く手に入れる方法とは

成人式に着る振袖は決まった、ヘアメイクの予約もした…では髪飾りはお持ちですか? 振袖用の髪飾りってお高いんですよねえ…つまみ細工はもちろんのこと、パーティー用のフラワーコサージュも何千円もしたりします。振袖にピッタリで安価な髪飾りをご紹介します♪
| 1,720 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Emiko Emiko