2016年12月14日 更新

教えて!着物に長襦袢って必要なの?その役目とは?

着物を着慣れない人にとって、よく分からないのが附属品の必要性。振袖や帯は分かるけど、帯締めや半襟など、着物には不思議な附属品がいっぱい!そこで今回は、代表的な附属品である、「長襦袢」についてまとめてみました。和装フリークになるほど、長襦袢に拘るんだとか・・。

1,450 view お気に入り 0

「長襦袢」=「着物の下着」だけじゃない!

株式会社岡本商會 / 花嫁用長襦袢(M) (11070)

【長襦袢(ながじゅばん)の役目】

①着物の衿の汚れ防止
②半襟を付けてオシャレとして
③着物専用の下着として
④下着と着物との調整
着物の下に着る長じゅばん、大きな役目は、「着物の衿の汚れ防止」と「下着と着物との調整」という役目です。

着物の衿の汚れ防止とはいっても、お顔のすぐ下にみえるので、着物を引き立てるおしゃれの要素も持っています。

そのため衿につける半衿には、様々な色柄のものがあり、皆さんおしゃれに使い分けていらっしゃることでしょう。

また長じゅばんは下着と着物の間に着て、温度調整や汗取りなどの役目をしているので、季節によって着分けるわけです。
長襦袢って着物の下着でしょ!と思っている人がほとんどでしょう。
事実、着物が日常着だった頃には、下着として扱われていました。
茶道や華道を嗜む人の中には、下着のラインが見えないように長襦袢で補正する、という人も少なくありません。
ですが、「白の半襟」に付け替える事でフォーマルな装いに、「柄物の半襟」に付け替える事でお洒落着に・・と、
コーディネイトを楽しむパーツとしても、重要な役目を担っているのです。

季節に合わせた3種類

着物屋くるり | 着物ビギナーさんへ【第二回】襦袢層について。 (11081)

【長襦袢の種類】

・袷(あわせ)
・単衣(ひとえ)
・夏物、薄物
”衣替え”は着物に限ったことでは
ありません。
長襦袢も同様に、袷(あわせ)や単(ひとえ)、
夏物があるのです。
長襦袢といえば、基本的に袷用と単衣用、夏用の3種を使い分けますよね。ただし昨今の気候では、袷の時期でも単衣を着たり、また夏の長襦袢を先取りしたり、みなさんもきものの下の長襦袢で温度調節をされていると思います。表側のきものにくらべると、長襦袢はもう少し自由に着分けているのが現状のようです。

「袷」には「無双」と「半無双」の2種類がある!

きもの*BASICルール 〜幸福にきものを着るために: 長襦袢の種類・ルールについて (11087)

[袷の時期(10月~4月)の無双・半無双]
この時期は、きものと同様に袷の長襦袢を着ますが、袷といっても胴は一枚仕立ての単衣で、袖が二枚になっていて裾返しがあるものを、袷の長襦袢と呼んでいます。
それが「無双(むそう)」、もしくは「袖無双(そでむそう)」といわれる長襦袢です。昔は寒かったので、胴の部分も二枚重ねにした総裏の長襦袢がつくられていましたが、今は寒冷地以外、ほとんど見かけなくなりました。

また「半無双(はんむそう)」という袖のバリエーションもあります。無双は表地と同じ分量の用尺を裏側にもつけますが、半無双は外から見えるところのみ、部分的に表柄が見えるようにして仕立てます。裏の分の用尺が少なくて済みますので、気軽な長襦袢はこの方法で仕立てることもあります。
着物って意外と温かい・・そう言われるのは、長襦袢の機能性による効果かもしれません。
寒さの厳しい1月に行われる成人式はもちろん、肌寒い3月の卒業式など、着物の暖かさを実感した人も多いでしょう。
また、袖からチラリと見える長襦袢が、着物をオシャレに着こなす上級テクにもなっているのです。

「単衣」の長襦袢!

きもの*BASICルール 〜幸福にきものを着るために: 長襦袢の種類・ルールについて (11100)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【一体何が必要なの!?】振り袖を着る際に、必要な小物!

【一体何が必要なの!?】振り袖を着る際に、必要な小物!

振袖を着る際、たくさんの小物が必要になりますよね。普段振袖を着る機会が少ないからこそ、いざというときに何を用意すればいいのか困ってしまうもの。今回は、振り袖を着る時どんな小物が必要かをまとめてみました。 最近は個性的な柄の小物もたくさん販売・レンタルされています!
mila | 351 view
【振り袖にピッタリ】とっても可愛い生花の髪飾りが大流行!

【振り袖にピッタリ】とっても可愛い生花の髪飾りが大流行!

振り袖を着る女性の間で今人気なのが、生花の髪飾り!結婚式をはじめ、成人式や卒業式において生花の髪飾りを身に着ける女性が急増中なんです。有名人女性の結婚式がきっかけで人気が高まり、カラフルでアレンジ自在なところが支持されています。振袖を着る際はぜひ、生花の髪飾りを着けてみませんか?
mila | 673 view
これなら大丈夫!和装婚での立ち居振る舞いの基本を学ぼう

これなら大丈夫!和装婚での立ち居振る舞いの基本を学ぼう

見た目にも華やかな【和装婚】。着物を着ている時の正しい所作が身についていれば、さらに美しく見せることが出来ます。着物を着る機会が来た時に慌てないよう、基本をしっかり勉強して、凛々しい和装姿で周りを魅了しましょう♡
はむはむ | 522 view
《色打掛》や《白無垢》に似合うブーケデザインをご紹介♡

《色打掛》や《白無垢》に似合うブーケデザインをご紹介♡

女性にとって「夢」であるウェディング。近年、和装ウェディングがますます人気になってきていますね!みなさんは和装に似合うブーケの種類が少ないと思っていませんか?実はとっても選択肢が多いんです。ご自身好みのウェディングになるよう、事前にしっかり予習し、後悔のないようにしましょう!
mila | 1,355 view
和装ウェディングには《色打掛》が着たい♡お勧め色別特集♡

和装ウェディングには《色打掛》が着たい♡お勧め色別特集♡

結婚式といえば、ウェディングドレスを思い浮かべがちですが、近年人気が再熱しているのが和装ウェディングです。 堅苦しいイメージや、ちょっぴり古いイメージを持ちがちな和装ですが、そのイメージが華やかで身近なものになるよう、色打掛を色別にご紹介していきます。
mila | 2,148 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kazuko kazuko