2016年12月9日 更新

後ろ板をお忘れなく!着物の帯を美しく保つ秘訣は?

後ろ板は着物を着るときに使う小物の1つですが振袖を着たことがないと聞きなれない言葉ではないでしょうか?振袖には浴衣など簡単な帯を結ぶ着物では使わない小道具が使われることもあります。いざ着るときに慌てないように事前にチェックしておきましょう。

1,123 view お気に入り 0
Scawaii2018(No: 33600) / 本きもの松葉 きもの館 | My振袖 (9548)

後ろ板は着物を着ている時には見えませんが重要な役割があるのです!

後ろ板ってどんなもの?

着物を着た時に帯がしわにならないようにお腹側の帯の下に入れるものを「前板」と言います。
「後ろ板」は背中側に入れる板のことで簡単な帯結びの時には入れませんが
振袖など豪華な飾り結びをするときには後の帯にもしわが出ないように入れます。
No.551 めり | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (9549)

後ろから見ると飾り結びの下の部分に胴に巻いてある部分の帯が見えますね。しわが寄らないようにこの部分に後ろ板を入れてあります。
着物を着るためにはいろいろな小物が必要になりますが、帯を結ぶだけでもたくさんのものが必要になります。
帯板(前)(おびいたまえ)1

帯板(後)(おびいたうしろ)(1)
振袖等の変わり結びをする際に使用する場合があります。

帯枕(おびまくら)1
ガーゼをつけておく。

帯締(おびじめ)1

帯揚(おびあげ)1

三重紐(さんじゅうひも)(1)
振袖等の変わり結びをする際に必要です。
後ろ板は「帯板(後)」の項目になります。そのまま「後ろ板」という名前で販売されていて前板より少し小さめです。

ウエストに巻くベルトがついている前板は後ろ板としては使えませんが、
ベルトがついていない板だけのタイプは前後どちらでも使えます。
No.676 まや | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (9552)

胴に巻いた部分が結んだ帯の下に隠れてしまう場合は後ろ板を使わないこともあります。
出前きつけ│ちようさぎ (9716)

留袖や訪問着などの時に結ぶ「お太鼓結び」も胴の部分を覆うように帯を締めますので後ろ板を使わず結びます。
No.533 わかな | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (9620)

帯板を入れていないと帯締めを結んだ時にくぼんだりしわが寄ったりしてカッコ悪くなります。

ぴしっと張った帯の方が美しいですよね。
No.224 ユキ | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (9717)

背中側の帯にしわが寄らないのは後ろ板のおかげなのです!

帯の種類と帯板の選び方

普段から浴衣を着ることがある人は、前板は持っていると思います。
前板にはベルト付きやメッシュタイプ、幅や長さにも種類があります。
半幅帯は細めですので浴衣に使う場合は幅に注意して買わないとはみ出してしまうことがあります。

後ろ板は、簡易的なものは布などを張らずにプラスチックの板の素材そのままで販売しているものもあります。
こだわりのある人には静電気防止素材を使ったものも。
前板とお揃いの模様で販売しているものもあり、
見えない部分もおしゃれを楽しみたいという方にはそちらがオススメです。
パンフレット掲載商品(No: 27254) / ロイヤルスタジオ アール | My振袖 (9722)

たった1回振袖を着るだけのために後ろ板を買うのはもったいない…というときは自分で作るという手も!
横浜 着付屋・舞│ちようさぎ (9724)

100円ショップやホームセンターで売っているPPシートというプラスチックの板を13cm幅にカットすればO.K.です。角は手を切らないように丸くカットしましょう。

一般的な後ろ板は13cm×28cmですが長さは多少前後しても大丈夫です。
22 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

簡単!【動画でまるわかり】自分でできる帯の結び方

簡単!【動画でまるわかり】自分でできる帯の結び方

ここぞという場で華やかに彩る着物や振袖は、日本伝統の美しさを感じさせてくれますね。しかし自分で着物を着ようとして真っ先に困るのが帯の結び方ではないでしょうか?帯を自分で結んだことがない初心者向けに簡単な「お太鼓結び」を動画で確認してみましょう。
さお | 760 view
華やかな赤い振袖、個性を出すにはどんな帯が良い?

華やかな赤い振袖、個性を出すにはどんな帯が良い?

振袖の代表的な色と言えば赤をイメージする人が多いと思いますが、定番の色のため、他の人とかぶるのではないかと悩む人もいるのではないでしょうか。赤は人気の色なので毎年多くの人が着ていますが、着物の柄や合わせる帯によってイメージが変わりますので、心配しなくても大丈夫ですよ。
sakuramochi | 679 view
黒い振袖のイメージは帯で変わる!あなたはどんな帯にする?

黒い振袖のイメージは帯で変わる!あなたはどんな帯にする?

帯は着物のアクセントになる部分ですが、黒い振袖はどんな色とも合わせやすいため、気に入った帯を使うことができます。明るい色を使うと黒が際立ち豪華で華やかに、暗い色を使うとシックで大人っぽい雰囲気になるため、自分がなりたいイメージで帯を選んでみても良いですね。
sakuramochi | 926 view
初心者推奨!なかなか決めれない帯の種類と選び方♪

初心者推奨!なかなか決めれない帯の種類と選び方♪

着物と小物の組み合わせ・・それこそ和装の醍醐味!特に、身体の中心に位置する「帯」は、和装の要と言われています。そこで今回は、帯の種類と選び方についてまとめてみました。ゆる~く分類すると、帯の種類は3種類!シーンに合わせて選ぶのがコツですよ♡
石楠花0103 | 833 view
帯や小物選びの参考に!配色コーディネート術♪

帯や小物選びの参考に!配色コーディネート術♪

帯や半襟、帯揚げや帯締めなどの、小物と組み合わせて仕上げるのが、着物コーデの醍醐味!その決め手となるのが、「色」の組み合わせなんです。そこで今回は、着物&小物の配色についてまとめてみました。意外な発見があるかも・・ご期待下さい♡
菖蒲1227 | 3,263 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kana kana