2017年3月2日 更新

帯揚げの上手な選び方【赤の振袖に合わせる】定番とアレンジ

振袖の着付けで小物使いは印象アップのための大切なポイントです。 定番人気の赤の振袖を人と違う風に着たいと思ったら、帯揚げに凝ってみるのもいいかもしれませんよ。 今回は小物の中でも帯揚げにスポットライトを当ててみました。 人気色の赤の振袖を格上げする帯揚げ選びをご確認ください♪

500 view お気に入り 0

同系色の帯揚げ

落ち着いた色合いの赤系振袖には赤の帯揚げ

落ち着いた色合いの赤系振袖には赤の帯揚げ

紅色に熨斗(のし)と桜取りがシンプルに描かれた振袖です。
図柄を境に金色と渋いこげ茶色の切り替えがモードな印象。
鈍く深い青みの紫色と黒の切り替えが美しい帯が、装いをスタイリッシュな雰囲気を漂わせています。
落ち着いた濃い赤色にからし色が入った個性的な振袖には地の色と同じ赤系の帯揚げを合わせました。
やや明るめの色味を使うことで埋没しないけれど統一感があるコーディネートが完成しました。
目もあやなしっかり柄の振袖にはシンプルな帯揚げ

目もあやなしっかり柄の振袖にはシンプルな帯揚げ

紅色にビビッドな束ね熨斗(のし)に繚乱な花々が描かれた振袖です。
金の風合い華やかな帯に、赤の帯揚げと帯締めがアクセントを効かせています。
鮮やかな彩りのバッグや髪飾りも装いに合わせた華やかなものに。
振袖がはっきりした柄なので、帯揚げはあえて赤一色にすることでコーディネートのバランスを取っています。
単色ではありますが、絞りになっているところがポイントです。
帯の色と合わせた黄色の帯揚げ

帯の色と合わせた黄色の帯揚げ

緋色に道長取り、牡丹や八重桜などビビッドな花々が鮮やかに描かれた振袖です。
金の風合い明るい帯に、爽やかな黄緑の帯揚げを合わせ、帯締めは飾り結びでワンポイントを作っています。
生花仕立ての髪飾りがキュート。
一つ目は振袖の色と合わせていましたが、こちらは帯と合わせたスタイルです。
淡い金色の帯にレモンイエローの帯揚げを使用しています。
振袖の柄の中にも使われている色なので、悪目立ちせずよくなじんだ取り合わせです。
同系色…と思いきや、アシンメトリーカラーの帯揚げ

同系色…と思いきや、アシンメトリーカラーの帯揚げ

赤色 / 古典 / 牡丹
古典柄振袖が大人気(金彩刺繍絞り京友禅)
成人式の振袖は、はんなり&古典柄!
赤を基調にした多色使いの古典振袖には地の色を同じ赤色の帯揚げを。
と思いきや、黒と赤、左右で別カラーとなっています。
ダークなカラーも色とりどりの振袖の締め色として機能してシックさを出していますね。

変わり柄の帯揚げ

まるでキャンディー!?白とピンクのストライプの帯揚げ

まるでキャンディー!?白とピンクのストライプの帯揚げ

30 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

kimonokimono3 kimonokimono3