2016年12月14日 更新

簡単にキメる!袴と羽織と着方=袴イケメンの作り方

人生の節目やお祝い事で着る事がある羽織や袴。日本古来の伝統和装ですが、特に男性は成人式や結婚式で着用する機会はあるものの、普段は着る機会が無いのでいざという時着方がわからなくて困ってしまう。。 そんな時、これさえ読めば大丈夫。恥をかく事無く凛々しくなれちゃいます。

324 view お気に入り 0
作法の上では正しい着方があると思いますが、手順が面倒くさいので着たくない、とならないように
初心者でも簡単に着こなせるよう簡潔にまとめています。

これを読んでおけば、あとは慣れるだけ。どんどん羽織、袴をきて和装の良さをじっくり体感してください。
 (12606)

まずは一式 (着物、羽織、袴) 揃えましょう。
帯や腰紐、草履など小物で個性を演出してOKですので、着方に慣れてくれば、これほど奥深く、味わいのあるオシャレが楽しめるファッションはなかなかありません。

下準備 襦袢

まず、袴や着物などを着用する際、襦袢(じゅばん)と呼ばれる下着のような羽織ものを着ます。
無い場合は、VネックのTシャツなどでも代用可能。

着方は簡単、
袖を通したら、まず右半分の身頃を身体の左側面に持ってくる。
次に、左半分を右側面に持ってくる。
長襦袢の場合は腰紐を巻きますが、半襦袢なら腰紐は巻かなくて大丈夫です。

ポイントは、着ている本人から見て左を上に着る事です。

着物を着る

次に着物を着ます。

これも基本的に襦袢と同じ着方ですが、
袖を通したら襦袢の袖が見えないように中に入れ込みます。
ずれやすいので、背の縫い目が背中のラインに沿うようにまっすぐ着たら、
襦袢と同じように余った右身頃を左側面へ、左身頃を右側面へ持ってきます。

紐を結び、余った部分は巻き付けちゃいましょう。

ここでのポイントは、襦袢の襟 (つまりVのライン) が1cm位出るように着る事、
両手の襦袢は見えないようにする事、背の縫い目がまっすぐになっている事、を確認しましょう。
 (12843)

着物と羽織を同色にすると、全体的に落ち着いて見えますね。

ここでは一般的で簡単な貝の口という結び方を紹介します。

①まず、帯の端を半分の幅に折り右手で持つ。
左手で、左脇腹辺りに通常の幅で持った帯を前部分から3周程巻き付ける。

②最初に折った帯を中から取り出し、余った長い部分を半分に折りながら締めてたるみを取り、
 両方の長さが同じくらいになるようにする。この時、長い方は内側に折り込みます。

③幅の太い方が上にくるように片結びします。

④細い方を結び目に被さるよう、斜め方向に半分に折ります。

⑤太い方が細い方をくるむように巻き付け、下から上へ引き上げます。
着ている本人から見て、右に太い方、左に細い方をそれぞれ締め上げます。

⑥整えたら、右回りで結び目を後ろに持っていき、後ろから見た時に直線になっていれば完璧です。

ここでのポイントは、余った部分は内側にして折り曲げ、結び目をしっかり整える事、です。

説明すると難しいかもしれませんが、ざっくり言うと、
ぐるっと巻いて片結びした後、さらに結んで後ろに持っていく、これだけです。

最近では、マジックテープで留めるだけの簡単な帯も販売されています。
 (12644)

赤の着物と羽織に、さらに同色のグラデーションの袴。
羽織紐や、袴の白地や艶感を魅せる色使いです。

袴の着方

まず、袴は前面と後面を合わせて穿く、という感じになります。

①両足を通したら、前面の帯の上部が1cm位出るように穿きます。
そのまま紐を持ち、腰に沿うように後ろの帯上で交差させ前面に持ってきたら、右側を上にして交差させます。
この時、下になった左側の紐を斜めに折り曲げます (要するに折り曲げて左を上にする)
その後、ぐるっと後ろへ持っていき、しっかり結ぶ。

②次に後面ですが、ヘラが付いていれば帯に引っ掛けて着用します (付いていない場合は腰板)
後ろから持ってきた紐を先ほど巻いた前紐の下で交差させ、上になっている方の紐を斜めに折り返します。

③もう一方の紐を、既に巻いてある紐にぐるっと巻き付けます。

④折り返した方の紐を10cm位折り返し、ぐるっと巻き付けた結び目の上に置き、下から上に引っ張り上げ、さらにぐるっと巻くように下へもってきます (十字の横部分ができます)

⑤もう一方の紐も、先ほどと同じように10cm位折り返したものを、結び目の下に入れ込むように十字の縦部分を作れば完成です。

ここでのポイントは、前面、後面がきれいに交差する、という事をしっかりやっておく事で着崩れしにくくなります。
 (12642)

黒に金という殿様スタイル。
この場合、小物は袴の色に合わせた色を使うと、うるさくなりません。

羽織の着方

21 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

卒業式は袴で大正ガールっぽく!足元はブーツで今っぽく☆

卒業式は袴で大正ガールっぽく!足元はブーツで今っぽく☆

卒業式の着物と袴は何色にするかきまりましたか?好きな色にするか、あえて普段はあまり着ない色を選んでみるか・・・選択肢がたくさんあって迷っちゃいますね。そんな時はちょっと珍しい茶色を選んでみませんか?足元はブーツにするとモダンでお洒落な印象になりますよ♪
Emiko | 863 view
卒業式で着るなら?【袴】と【振袖】あなたはどっち派?

卒業式で着るなら?【袴】と【振袖】あなたはどっち派?

学生生活最後の晴れ舞台である卒業式には華やかな着物で!という方はたくさんいらっしゃると思います。そこで悩むのが、【袴】にするか【振袖】にするか・・・。ここでは袴と振袖の両方の魅力をまとめました♪ぜひ参考にして素敵な卒業式を迎えてください♪
ゆいぴ。 | 1,368 view
【シンプルネイル】振袖がきらびやかだからネイルは引き算☆

【シンプルネイル】振袖がきらびやかだからネイルは引き算☆

振袖に合わせるためにネイルデザインについては悩みどころだと思います。 あんまり和が強すぎると振袖を着る分にはステキですが、その前後の日常生活のシーンでは浮いてしまうかも… ゴテゴテしたデザインよりもシンプルなデザインに惹かれる、という方向けの上品ネイルコレクションです♡
| 419 view
卒業式の髪型どうする?袴がおしゃれに見えるショートヘア

卒業式の髪型どうする?袴がおしゃれに見えるショートヘア

「卒業式の袴は決まった!」となると、次に悩むのが髪型。ロングへアの人なら色々なアレンジができてすぐに切りそうだけど、ショートヘアだしどうしていいかわからない・・・そんな方のために、袴にもぴったりのショートヘアをご紹介いたします!
kimkim | 5,261 view
袴をレンタルしたい!レンタルの相場金額はいくら?

袴をレンタルしたい!レンタルの相場金額はいくら?

袴をレンタルする場合、どれくらいの金額が相場なのでしょうか?レンタル料には幅があるとはいえ、どれくらいが相場なのかを知っているとレンタル時の金額の目安となります。レンタル代を自分で用意するとなると、金額を知っておくと何かと安心です。
おにぎり | 512 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Kaguya Kaguya