2016年10月24日 更新

七五三の着物を縫い上げてジャストサイズに仕上げる方法♪

七五三の着物をママの手で縫い上げてお子様のサイズに直してみませんか?初宮参りで使用した着物や既成品の着物、譲り受けたものなどは、お子様のサイズに合わないことも多いのではないでしょうか。お裁縫の得意なママであれば、手縫いで縫い上げることが出来ます。

165 view お気に入り 0

既成品だとサイズが合わない時も!

七五三用の着物は、初宮参りで使用した着物や、既成品の着物、兄弟姉妹や知り合いなどから譲り受けた着物で用意することもあるのではないでしょうか。
しかし、ジャストサイズで仕上げていないため、着物のサイズが合わない場合もあります。
そこで、着物を縫い上げて、お子様のジャストサイズに仕上げてみてはいかがでしょうか。
着物の縫い上げ直しは難しそうなイメージがありますが、和裁の縫い直しの決まりごとに従って縫っていくだけなので、意外と簡単に出来ますよ。

まずは丈や裄を合わせましょう

[ きもの美ー すがの ]へようこそ! (4417)

襦袢は短めの方が歩きやすいです

襦袢はジャストサイズに仕立ててしまうと、七五三の当日、子供が元気よく動き回るたびに着物の裾が捲れ、襦袢が足元からチラリチラリ……と見えてしまうこともあります。
そこで襦袢は短めに丈を縫い上げておくとよいでしょう。

①着丈の合わせ方

着丈は首の後ろの骨の部分から、足の踵までの長さを測ります。

②着裄丈の合わせ方

首の骨の部分から、肩、手首の骨の部分まで測ります。

長襦袢は短めのサイズが子供にはベストかも!

七五三の衣装の場合、襦袢の裾は、だいぶ短めにしてしまっても大丈夫です。
長じゅばんは着物の下に着るものですから見えませんし、裾がはだけてしまったとしても、
脚が見えて恥ずかしい・・・ということもあまりないので、歩きやすいように短めに腰上げをしてください。

さあ、肩上げをしてみましょう

肩上げでサイズを調整するメリットとは?

26 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

コーンポタージュちゃん コーンポタージュちゃん