2017年2月23日 更新

【画像解説】振袖で行う結納♡好感度の高い髪型とは?

結婚相手のご家族と対面する儀式、「結納」。結納での印象は、結婚後の人生を左右すると言っても過言ではありません!そこで今回は、結納に相応しい振袖ヘアについてまとめてみました。好感度の高い髪型で、大切な儀式を乗り越えましょう♡

840 view お気に入り 0

◆「正装」or「準正装」?

絶対失敗したくない結納!服装や髪型のマナーをおさえて幸福な記念日を♡ - ホットペッパービューティーマガジン (26129)

格式を重んじた正式結納か、略式結納かあるいは結納の儀式を行わず両家の顔合わせの食事会で済ませるのかによって、適切な装いが変わってきます。結納のときの髪型や服装を決めるために、儀式のスタイルについてカップルやご両親ときちんと事前に話し合っておきましょう。当日の服装は大きく分けると「正装」と「準正装」があります。
結納には、正式結納(正装)と略式結納(準正装)があります。
正式結納の場合は、未婚女性の第一礼装である振袖、略式結納の場合は色留袖や訪問着、スーツでも構いません。
つまり結納とは、女性が振袖を着られる最後の機会と言えるでしょう。
結納で振袖を着ておいて良かった!という女性が多いのも納得ですね♪

◆好感度の高い髪型とは?

No.243 なーたん | ふりそで美女スタイル〜振袖BeautyStyle〜 (28233)

洋装でも和装でも、髪はまとめるかアップにしたほうが、清潔感があり好感が持たれます。肩よりも長い髪は、おじぎをしたときなどに顔にかかってしまうので、まとめておいたほうが良いでしょう。

結納式では何度もおじぎをすることになるので、くずれにくいようにまとめることは大切です。前髪は下ろしてもいいですが、顔にかかるほど長い場合はまとめたり、横に流したりするほうがきちんと感が出ます。編み込みでサイドをタイトにまとめるのもおすすめです。
結納とは、日本固有の儀式と言われています。
その為、ただの顔合わせや和やかな食事会とは違い、服装や身だしなみ等のマナーが重要!
結納には儀礼的な手順が多く、何度もお辞儀をする機会があります。
そのため、ダウンスタイルよりも乱れ難いアップスタイルが相応しいとされています。
きちんと感のある清楚な髪型は、正装である振袖を引き立てるエッセンスになるでしょう。

◆結納に相応しい髪飾りとは?

 (28232)

細かいものをランダムに散らすより、大ぶりでインパクトのあるものを左右どちらかに付けてアシンメトリーにした方がお洒落に仕上がります。例えばかすみ草を使ってヘアアレンジをするなら、散らすよりも1ヶ所にまとめて付けるのがおすすめです。可愛らしくフェミニンなイメージにしたいときは大きめのフラワーモチーフ、上品で洗練されたクールなイメージにしたいときはパールビーズなど、お好みやお召し物に合わせて選んでみてください。
結納では、ヘッドドレスやカクテルハットのような過美なタイプでなければ髪飾りの使用はOKとされています。
線引きに自信が無い場合は、和風のつまみ細工やかんざしが安全でしょう。
とは言え、好感度の高い髪型にするには、髪飾りにも工夫が必要です。
フロントに大振りのヘアアクセを付けるよりは、サイドや襟足に付けるのがBetter♪
夜会巻きにパールを散りばめると、上品に仕上がりますよ♡

◆結納でNGな髪型とは?

2014年新作☆人気の古典柄振袖 (No.14044) / アンヘル福岡本店 | My振袖 (26138)

24 件

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

蓮華0210 蓮華0210